人毛と人工毛どっちがいい? | かつらウィズ

HOME

人毛と人工毛、どっちの髪質がいい?

毛髪の種類には「人毛」と「人工毛」があります。
人毛は本物の髪の毛、人工毛は化学繊維で作られた髪の毛になります。

ウィズでは、自然さを最優先に考え「人毛」を推奨しています。

人毛と人工毛のどちらにもメリット・デメリットがあります。

私たちウィズでは、自然さという点を最優先に考えて、本物の髪である「人毛」をお薦めしています。

お客様のライフスタイルや優先順位などをお聞きしながら、最適な髪質のかつらをご提案いたします。

※人毛をお薦めしていますが、人工毛やミックス毛でのかつらの作製も可能です。



人毛と人工毛の比較表


人毛
人工毛(化学繊維)
人毛ならではの自然な風合いで、光沢感も自然です。 質感光沢 光沢や風合いが、人毛の自然さより劣ります。
髪の手触りはソフトな質感です。 手触り 人毛と比較すると自然さに欠ける質感です。
染色している髪で作製されているので、褪色(色落ち)があります。 褪色 太陽光などで色落ちしにくく、髪色の変化はほとんどありません。
カラーリングで髪を染色することが可能です。 染色 × 染めることができないので、色を変えることはできません。
髪の縮れはほとんどありません。 縮れ × 使用するうちに人工毛特有の縮れが起きます。一度縮れると元に戻せません。
洗髪後はドライヤーで乾かし、セットが必要です。 セット × 使用するうちに人工毛特有の縮れが起きます。一度縮れると元に戻せません。
自毛のようにセットでヘアスタイルの変化を楽しめ、動きのあるスタイルで自然です。 ヘアスタイル × 髪型が決まっていて崩れないが、髪に動きのない自然さに欠けた印象になります。
髪が水分を吸収するので、しっとり濡れて自然です。 髪が水分をはじくので、見た目の印象が不自然ですが、乾くのは早いです。
ドライヤーを使用することができます。但し、過度の使用は製品を傷めることがあります。 熱に弱いので、ドライヤーやお湯の熱で、変形したり縮れたりします。