カツラで空港の保安検査&金属探知機クリアできる?

空港ゲート金属探知機

空港の保安検査・金属探知機をカツラを付けて通過すると…

お客様より、「飛行機を利用する際、空港ゲートでの金属探知機にカツラの金属のピンが反応しませんか?大丈夫ですか?」と、保安検査についてお問合せを頂くことがあります。

確かに、カツラを着けて飛行機に乗るときに、カツラ内側にある金属のストッパーピンがセキュリティーを通過できるのか?気になることかと思います。

実際にWithのスタッフが飛行機に乗る際、頭にたくさん金属のピンをつけて、テストしてみました(年に数十回はやっているので、合計100回以上?)が、 無事に保安検査をクリアできました

また、Withのお客様で、空港にお勤めの方や飛行機を頻繁に利用している方へヒアリングしてみましたが、チェックゲートを通過して、「ブザーが鳴りました」という声は頂いておりません。  

さらに、Withのお客様で飛行機のパイロットさんがいらっしゃるのですが、「アメリカなどのセキュリティを強化している空港でも大丈夫だった」とのご意見を頂いています。  

ただし、テロなど世界情勢の変化とともに、空港のセキュリティーレベルも年々きびしくなっているようです。 国内の空港と外国の空港だと、チェック方法や危険度のレベルも異なるみたいです。

今まで事例がないだけで、絶対大丈夫ですとは言い切れませんが、不安に思われているかつらユーザー様には、少しご安心頂いても良いように思います。






金属が気になる方へ、プラスチックピンあります

上でも述べましたが、 Withスタッフが出張や旅行などで、飛行場の保安検査ゲートを通る機会がある度に、「かつらのストッパーピンが金属探知機に反応するか?」を検証実験しています。 その結果、すべて問題なくカツラの金属ピンは通過できました

しかし、 ANA(全日本空輸)のホームページには、『心臓ペースメーカーや、金属製の固定具がお体に入ったお客様へ』として、『空港の保安検査で金属探知器に反応する場合があります。 また、おからだに人工関節などの金属製の固定具が入っているお客様も金属探知機に反応する場合もありますので、保安検査実施前に係員にお知らせ下さい。』と記されています。

このような記載があることから、「飛行機に乗る時金属探知器が心配」という方もいらっしゃることかと思います。 そこで、金属フリーのプラスチック樹脂製かつら用ピンをご用意しています。

金属製のピンに比べると、耐久性やグリップ力が弱いので、 普段使いには不向きなのですが・・・金属フリーの材質なので、 不安なく空港の金属探知機(保安検査ゲート)を通過でき安心です。

また、MRI・CT・レントゲンなどの医療検査機器、金属アレルギーの方にもお使い頂けます。大切なカツラが不意の事態に遭遇した場合に、プラスチックピンを活用することをお薦め致します。

このプラスチック樹脂製かつら用ピンはホームページより通信販売にて購入できます。 詳しくは、『カツラ用ストッパーピン(クリップ) プラスチック樹脂タイプ』をご覧ください。



かつら用ストッパーピン(クリップ) プラスチック樹脂タイプ画像

 - かつらQ&Aよくある質問 ,

  関連記事

no image
カツラの耐用年数はどれくらい?寿命がある?
カツラの寿命はおおよそ2〜3年 お客様より、「かつらの耐用年数はどれくらい持ちま …
no image
かつらは蒸れる?暑い?
帽子をかぶっているような感覚です かつらは蒸れる?暑い?とご質問をいただくことが …



▲ ページトップに戻る